活版印刷と箔押し印刷の違い


活版印刷と箔押し印刷の違いとは。

 

あさだ屋は、箔押し印刷の専門店ですが、一部活版印刷もご提案させていただいております。

そこで、箔押し印刷と活版印刷の違いについてご紹介します。

 

★箔押し印刷は、お客様のデザインから金属の版を作成し、版と紙の間に、予め金や銀の色のついている箔のシートを挟み

上から、熱と圧力を加えて紙に転写する印刷方法です。

 

★活版印刷は、お客様のデザインから金属の版を作成し、版にインクを付けて、紙印刷していきます。

 

大きな違いとして、箔押し印刷=箔のシート 活版印刷=インク ということです。

箔押し印刷は、シートになっているので、乾き等は全く関係ありません。加工したらすぐに触れます。

 

★それぞれのメリット

箔押し印刷では、メタリック系では、輝きのある美しい印刷を楽しめます。また顔料箔を使用すれば発色の良い箔色をお楽しみいただけます。

活版印刷では、インクとなっているので、優しい風合いに仕上がります。

 

★よく言われるご質問

よく活版印刷風に少し凸凹をつけたい! という方がいます。

これは圧力の調整だけなので、箔押し印刷でも可能です。

 

本来、活版印刷でも箔押し印刷でも凸凹が無いほうが美しいとされてきました。

しかし最近では、凸凹のあるほうが人気の傾向です。

あさだ屋では文字が潰れない程度、強圧加工ということであれば、やや凸凹の印刷もご提案しております。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)