強圧での空押し加工の条件


空押し加工とは、箔押し用の版で、上から紙に対して圧力をかけるだけの加工です。

浮き出し加工との違いは、浮き出し加工はオスとメスの版、凸凹の版を2種類作成します。ですのではっきりくっきり仕上がります。

空押し加工はオス凸の版しか作成しません。

GAファイルグレー450kg強圧加工・裏面に影響している場合

写真はGAファイル紙に強圧加工 ※裏面にうっすらと影響しています。かなり圧を加えているので、はっきりとでてはいますが、裏面が美しくないためおすすめしていません。それでも良い!という方に限りご案内しますが、基本はやりません。

 

GAファイルグレー450kg強圧加工・裏面に影響させない場合

空押し加工で強圧で裏面に影響させない範囲ですと、このくらい圧が普通です。空押し加工の場合、裏面に影響しているのは、あまり美しいとはいえません。あさだ屋でおすすめしている圧はこちらを推奨しています。強圧加工でご依頼いただく場合は、こちらで仕上がってくることを想定してください。

 

<条件>

強圧加工での空押し加工には条件があります。

1.厚紙であること  2.紙が柔らかいこと

実はこの2つ。紙がかなり限定されてきます。

 

あさだ屋で紹介している紙の中でもOKなものをご紹介します。

<空押し加工がおおよそできる紙>

クッション紙0.6mm

GAファイル450kg以上 ※薄い色の紙は目立ちにくいです。

グムンドコットン紙210kg以上

 

<そのほかの対応策>

上記以外の紙はほぼ、空押し加工は不向きと思ってください。

それでも、“どうしても凹ませたい!”という方は、デボス加工(浮き出し加工の逆)をお問い合わせください。

はっきりくっきりと凹みます。

 

“ほかとの少しの差がほしいんだ!”という方は透明箔をご使用ください。

強圧加工だけでは、全く目立ちませんが、透明箔を間にいれることで、凹んでる!という雰囲気がでてきます。

 

 

<注意点>

空押し加工は、上から、圧力を加えただけのものです。裏面にうっすらと響きます。

※浮き出し加工とはことなりますのでご注意ください。浮き出し加工ははっきりとくぼみます。

 

 

こちらご了承の上でお問い合わせくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)