浮き出し加工


浮き出し加工とは、オスとメスの版凸凹の版を2種類作成し、

版の凸と凹の間に紙を挟み、圧力を加えることで仕上がります。

浮き出し加工

コットン紙×家紋の浮き出し加工

浮き出し加工は、400kgを超える厚紙になりますと、加工はご案内しておりません。

通常名刺の厚み~400kgまででご提案しています。

画像は、あさだ屋でご提案している、越前和紙の手漉きコットン紙 への浮き出し加工。

美しいですね。浮き出し加工は版代金は箔押し印刷と比較すると2倍の価格がかかりますが、非常に価値のある加工です。

版は初回のみとなりますので、再注文時にはグッとコストを抑えることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)