HOT STAMP 箔押し印刷とは

箔押し印刷とは

箔押し印刷とは、
金箔、銀箔などに代表される箔を
プレス機を使って熱と圧力で紙に転写する特殊印刷です。

あさだ屋の箔押し印刷は、
一枚一枚を職人が手押しで加工していく手法で
もっとも古くからある特殊印刷技法を用いています。

箔押し印刷とは

デザインから金属の版を作成します。
最近では版の精度が上がり、0.3pt の線や、5pt の文字が綺麗に加工できるようになりました。
使う機械によっても料金や精度が変わってきます。職人の技術力が顕著に現れます。

あさだ屋の箔押し印刷では、小ロットに特化し、手押しで加工していく
最も職人の腕が必要となる印刷技法で加工。
できる限りズレがないよう、アナログに目で確認しながら正確に加工していきます。

金属の版を使い、機械にセットし、一枚の紙に、熱と圧力でプレスしていきます。
この時、数トンもの力が加わり印刷物に熱転写されます。こうして一枚の美しい印刷物が完成します。

紙と箔はまるで生き物

紙といっても様々な紙があります。

洋紙、和紙。紙がサラッとシンプルなもの。ざらつきのあるもの。
プライク紙のようにプラスチックのような手触り感の不思議な紙。
紙によって、さまざまな表情を持ちます。

箔も同様。
箔の層が薄いものから厚いもの。これは紙の目によって合わせて使いわけます。
箔は一種類ではなく、紙に合わせます。

デザインも様々。
ベタの多い部分があったり、
文字でも、大きな文字。小さな文字があります。

名刺の箔押し印刷。
と一言でいっても箔押し印刷は毎回同じ仕様ではありません。
毎回内容が変わってきます。

紙の種類、デザインの内容によって箔の種類を変え
ひとつの印刷物が一番美し輝くよう、職人の経験と技術力が試されます。

あさだ屋は、その箔押し印刷を向上心と探究心から挑戦しています。
そしてより美しい印刷物を知っていただきたくオリジナルで企画を考えています。

箔の種類

箔の種類

箔もさまざまな種類があります。
金や銀などのメタリック系の輝きのある箔。
クレヨンのような発色の良い顔料箔。
白箔。透明箔などです。
そのほかにもホログラム箔なども一部揃えています。

【メタリック系】
金箔/銀箔/つや消し銀箔/つや消し金箔/赤箔/青箔/緑箔/ピンク箔/スカイブルー箔/透明箔/黒箔

【顔料】
白箔/黒箔/赤箔/ネイビー箔/オレンジ箔/青箔/深緑箔・・・・・・・さまざま。

箔の種類には顔料も取り揃えております

キラキラしている箔だけじゃない!
あさだ屋では他店にはない、発色の良い顔料箔も取り揃えています。

箔押し印刷金属の版

箔押し印刷に使う金属の版

箔押し印刷で使われる版は、
写真のとおり、金属の版(押し版)です。
デザインから箔押し版を作成します。

一度作れば、デザイン変更や大きさ変更がない限り
様々な用途で何度も使えるメリットがあります。

以前は、版の精度が悪く細かいデザインの再現は難しかったのですが、
近年では版をつくる技術も上がり、
小さな文字も細い文字も箔押し加工できるようになりました。

しかも、名刺で作成いただいた版を使って、
封筒やクリアファイルに加工するなどのサービスもご案内しています。

これは、箔押し印刷を専門としている、あさだ屋ならではのご提案。
さまざまな印刷ツールで版を使いまわして、箔押し印刷をお楽しみください。

あさだ屋の箔押し印刷

あさだ屋では、探究心と向上心で箔押し印刷を追求しています。

紙と美しい印刷が好きな、それぞに印刷マニアなスタッフが、
昔からある紙。新しく開発された紙。さまざまな紙の知識を
常日頃から学び技術に磨きをかけています。

同時にデザイナー様からも多くのことを学ばさせていただいております。
デザイナー様からご依頼いただくないようは、“挑戦すべてきこと” が多くございます。

できる限り要望にお応えできるようにご案内しますが、失敗はございます。
デザイナー様とご一緒に作品作成のお手伝いができれば心より嬉しいです。

あさだ屋は小ロットに特化して加工をご案内いたしております。

20代、30代のスタッフが多く、若い感性からご案内しています。

できなことが分からない!というほどに、
挑戦しかしてこなかったので経験が多くなりました。

同時に他社ではできなことも出来るようになりました。
もちろん未熟な部分がございます。真摯に向き合います。学びます。
お客様にお喜びいただける楽しい箔押し印刷を提案できればと思います。

商品ラインナップ

MENU