Data creation guide データ作成ガイド

ご入稿いただくデザインデータを作成いただく上でのポイントや注意事項をご案内しております。
入稿データを作成する際は、以下より当社指定のテンプレートをダウンロードしてお使いください。

データのご入稿

ご注文完了ページ、または、MYページにあるデータ入稿ボタンをクリックし、WEB入稿フォームへアクセスしてご入稿ください。データを簡単にご入稿いただけます。

メールでのご入稿も可能です。その場合は、以下のアドレス宛にデータを添付してお送りください。

データ入稿メール
件名/(ご注文者様のお名前)入稿データ
会社名:
お名前:
メールアドレス:
ご注文番号:
ご注文内容の概要:
メール送付先
hakuosi.asadaya@gmail.com

データ作成のご注意事項

当店のデータテンプレートをお使いください

ご入稿いただくデータは、当店のテンプレートを使って作成してください。
→ データテンプレート一覧

 

広範囲のベタは、かすれの原因となります

箔押し印刷の特性上、ベタ(塗りつぶし)が多いデザイン部分はかすれやすく、仕上がりに難があります。このようなデザインにてご入稿いただいた場合は、お電話・メールにて最善策をご提案させていただきますので、デザイン変更などにご協力ください。
※ベタの目安:30mm×30mmを超えると加工不可

 

文字は5.5pt以上、線は0.1mm以上を推奨しています

文字の最小ポイント数は5.5pt 以上、線は0.1mm (0.3pt) 以上を推奨しています。
箔押し印刷の特性上、小さい図形や図形などは潰れやすい傾向にありますが、当店では職人の技術力を活かし、イラストなども加工いただけます。
→ 見本・製作事例を見てみる

 

著作権などの権利侵害にご注意ください

お客様から依頼された印刷内容によって、当社がお客様以外の方から権利の侵害などに基づくクレームを受けた場合や違法行為であるとの指摘を受けた場合、お客様の責任と費用を持ってかかるクレームから当社を免責していただくことをご承諾ください。

Illustratorでのデータ作成について

Illustrator 対応バージョン
8 / 9 / 10 / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS5.1 / CS6 / CC
保存形式:ai / eps
  • 原寸大でデータをお作りください
  • 箔押しが複数個所ある場合、箔の色ごとにレイヤーで分けてください
  • 文字は5.5pt 以上、線は0.1mm (0.3pt) 以上を推奨しています
  • 箔押し箇所は、墨1色(K100%)で作成してください
  • PEGデータ(画像)を挿入したい場合は、レイヤーを分け、画像解像度 600dpi以上で墨1色にて作成してください(カラーがCMYKになっているかご確認ください)
  • 罫線は「塗り」ではなく「線」でお作りください
  • 箔押しのベタ領域は30mm×30mm以内にてお願いいたします
  • ベタ領域の中に抜き文字などのデザインがある場合、潰れやすいので若干太めに作成してください
  • フチ(仕上がり線)まで印刷が入る場合は、3mmの塗り足しが必要です
  • 文字は全てアウトライン化してください
  • デザインにつき1ファイルで保存してください(複数人の場合はファイルを分けてください)
  • 複数の箔色を使用する場合、色分けされたイメージ画像を一緒にご入稿ください(JPEG / PDF)
  • JPEGデータ(画像)を挿入する場合は、埋め込みではなく「リンク」で配置し、デザインデータと同じ階層にJPEGデータを保存してください
  • データテンプレート内の注意事項をよくご確認ください

Photoshopでのデータ作成について

Photoshop 対応バージョン
8 / 9 / 10 / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS5.1 / CS6 / CC
保存形式:ai / eps
  • 原寸大でデータをお作りください
  • 箔押しが複数個所ある場合、箔の色ごとにレイヤーで分けてください
  • 文字は5.5pt 以上、線は0.1mm (0.3pt) 以上を推奨しています
  • 箔押し箇所は、墨1色(K100%)で作成してください
  • JPEGデータ(画像)を挿入したい場合は、レイヤーを分け、画像解像度 600dpi以上で墨1色にて作成してください(カラーがCMYKになっているかご確認ください)
  • 罫線は「塗り」ではなく「線」でお作りください
  • 箔押しのベタ領域は30mm×30mm以内にてお願いいたします
  • ベタ領域の中に抜き文字などのデザインがある場合、潰れやすいので若干太めに作成してください
  • フチ(仕上がり線)まで印刷が入る場合は、3mmの塗り足しが必要です
  • 文字は全てアウトライン化してください
  • 1デザインにつき1ファイルで保存してください(複数人の場合はファイルを分けてください)
  • 複数の箔色を使用する場合、色分けされたイメージ画像を一緒にご入稿ください(JPEG / PDF)
  • JPEGデータ(画像)を挿入する場合は、埋め込みしてください
  • データテンプレート内の注意事項をよくご確認ください

JPEGでのデータ作成について

ワード・エクセル・パワーポイント・その他のソフトで作成の方は、JPEG 画像でのご入稿をお願いしています。
テンプレートは特にございません。実寸サイズで墨1色で作成をお願いします。
その際、画像解像度を300dpi以上で保存をお願いします。
画像解像度が分からないという方はご相談に応じますので、できる限り大きいデータでの作成をお願いします。サイズ等は弊社にて調整いたします。

データは3つ作成をお願いいたします。
1. 印刷のみのデータ
2. 箔押し部分のみのデータ
3. 印刷+箔押しのイメージデータ

印刷のみのデータについて
モード/ CMYK カラー
画像解像度/ 300dpi
サイズ/原寸サイズ+天地左右5mm 付け足してください。
水色部分が名刺サイズであり、このサイズに断裁されるのですが、
断裁する際に微妙なズレが生じます。
その際に必要なのが、ピンク部分の塗り足しです。
91×55名刺サイズの場合は、101×65mmで作成をお願いいたします。
箔押し部分のみのデータ
箔押し部分は必ず墨1色で作成してください。
グレーは加工できません。
印刷+箔押しのイメージデータ
(1)と(2)のデザインデータを合わせたイメージデータをお送りください。
弊社にて印刷部分と箔押し部分を確認いたします。

ご入稿いただけるデザインデータ形式

 

デザインデータは上記3つのファイル形式でご入稿いただけます。
お好きなファイル形式でご入稿ください。データが作れない方は、無料テンプレートからお選びいただいたり、デザインをフルオーダーで作成させていただくサービスをご利用ください。

Illustrator 対応バージョン
8 / 9 / 10 / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS5 / CS5.1 / CS6 / CC
Photoshop 対応バージョン
5 / 6 / CS / CS2 / CS3 / CS4 / CS6

ご入稿いただく際のファイル構成

ご入稿いただくデータファイルやロゴデータなどは、全て1つのフォルダにまとめZIP圧縮してください。圧縮されたZIPファイルをWEB入稿フォームもしくはメールにてご入稿をお願いいたします。

 

MENU