お洒落でかっこいい!センスある企業封筒が作れる箔押し封筒【画像あり】

ビジネスでの必須ツール、封筒。

お客様に送付したり、お取引をする企業様に送付したり…。
実物として受け取る封筒は、そのイメージが、企業の印象につながりやすい重要なツールです。

あさだ屋では、質の良い封筒を、カラーバリエーション・サイズを豊富にご用意しています。
質の良い封筒に、美しい箔押し印刷で、素敵な企業封筒を作成してみてはいかがでしょうか。

今回は、企業封筒を作成したい方に向けて、制作事例や、企業封筒を作成するコツなど、箔押しの企業封筒作りをご紹介したいと思います。

お客様の制作事例紹介

(milto design 様 https://haku-asadaya.com/contents/example/envelope-hakuoshi-19/

角6ミッドナイトブルー封筒にピンクつや消し金箔で加工された封筒。
深い藍色に、赤みを帯びた金箔があたたかな印象で、配色の美しい封筒です。
デザインもとても美しく、封筒と箔色の組み合わせと響き合い、素敵な封筒に仕上がりました。

デザイン×封筒色×箔色の配色からの印象と、会社のイメージや理念を合わせることが、企業封筒作成において大切なことになると思います。

 

(EFFECT 様 https://haku-asadaya.com/contents/example/namecard-hakuoshi-83/

封筒と、名刺を一緒に作成いただきました。
モノトーンで色を揃え、似た雰囲気のロゴが印刷されているので、統一感がでていて素敵です。

EFFECT様のように、封筒と名刺を統一したデザインで作成するのも、企業のイメージを伝えるのに有力な方法です。

 

 

(東京都 K様 https://haku-asadaya.com/contents/example/envelope-hakuoshi-15/

赤封筒に白箔でワンポイント箔押しをされた封筒。
赤と白のコントラストが綺麗で、デザインがとても映えています。

印象的なロゴを使用している場合、ワンポイントで箔押しすると、よりデザインが映えるため、おすすめです。

 

封筒の制作事例をもっと見る→https://haku-asadaya.com/contents/example/type/envelope/

 

企業封筒を作成するコツ

 

1.企業のイメージカラーから考える

企業封筒を作る際には、企業のイメージカラーから考えるととても考えやすくなります。
あさだ屋では、企業様それぞれのイメージに寄り添えるよう、たくさんの封筒の色と、箔色をご用意しています。
封筒色or箔色を企業カラーに設定することが、企業封筒の色選びのコツのひとつです。

 

封筒色を企業カラーに設定する場合

以下のようなスタンダードな箔色にすると、封筒色が映えやすいです。

白箔

金箔系  

・銀箔系

チャコールグレー箔

黒箔系

 

 

箔色を企業カラーに設定する場合

以下のようなスタンダードな封筒色にすると、箔色を印象的に見せやすいです。

スノーホワイト封筒

ナチュラルホワイト封筒

ライナーグレー封筒

黒封筒

ホワイトクラフト封筒

パールスノーホワイト封筒

パールナチュラルホワイト封筒

 

2.素材のイメージから考える

・自然に寄り添うような会社→クラフト系の封筒

・コンクリート建築を得意としている会社→コンクリートのような色のライナーグレー封筒

・ジュエリー関係の会社→パール系のキラキラした封筒

・フォトスタジオ→写真の色が映える、モノクロ系の色の封筒

 

など…

企業様が作っているものや理念から、封筒のカラー・素材を選択するのも、企業のイメージを印象付けるのに有力な方法です。

 

さいごに

企業の印象につながりやすい重要なツール、封筒。

企業のイメージを大切に伝えるためにも、是非、封筒や箔色にこだわって、楽しく企業封筒を作成いただけましたら幸いです。

箔の色をご紹介しているページや封筒ページでは、よりその素材のイメージが伝えられるよう、それぞれの箔色・封筒の特徴をご紹介しています。

よろしければ、ご参考にしてくださいませ。

 

>箔の色のご紹介ページ https://haku-asadaya.com/contents/hakuoshitoha/haku-type/

>封筒ページ https://haku-asadaya.com/user_data/envelope

 

 

MENU