書道家に名前の“書”を書いてもらう

書道家に名前の書を書いてもらうには

“名刺に入れる名前を書にしたい” が・・・自分では書けないし、書道家が身近にいない!!!
という方におすすめの名前の書を書道家にお願いする方法をご案内いたします。

自分の名前を書で書道家に書いてもらいたい!

その前に、このコラムを書いている、あさだ屋についてご紹介します。

はじめに

あさだ屋は、箔押し印刷の専門店。箔押し印刷は、昔ながらの印刷技法で一枚一枚手押ししながら、熱と圧力で箔を紙に転写する特殊印刷です。数多くの名刺を作っているのですが、お客様から「書のような文字で名前を入れてほしい」というご要望を多くいただくことから、書道家様に安く名前の書をオーダーできる方法を企画しました。
では早速ご紹介します。
あさだ屋ホームページはこちら
名刺の制作事例をたくさん紹介しています

書道家に依頼する書が高い理由

書道家にオーダーで書いてもらう。となると金額はそれ相応の価格となります。
書道家の方は、オーダーいただく人のご要望、印象、人物像などをしっかりヒアリングした上でかなりの時間を割いてその方のイメージを考え、書として描きます。もちろん「書」となるので、一筆勝負。幾度もイメージしながら大切に書いてきます。
その金額は書道家様によって変動するのでここでは言えません・・・。それなりの覚悟が必要です。

書道家に安くお願いできる方法!

高すぎるハードルをもう少し低くできないか。要するに「もっと安く、美しい書を書いてもらいたい!」ということで、あさだ屋は考えました。
そのひとつが、書のイメージをパターン化し、書いていただく。
本来ならば、その方の人物像も踏まえて・・・というところですが、そこは割愛し、お客様にイメージを選んでいただき、それを基に書いていただく。
お客様のご希望の雰囲気の書で仕上げるということです。そうすることで、書道家にかかる時間を減らし安く仕上げていただきます。

あさだ屋の特別プランでは、上記で紹介している「細字」「太字」「くずし」のどれかからひとつお選びいただけます。

書道家が書く名前の文字の条件と価格

無理を承知の上で、お願いしたところ、幸運なことに長年の良きお付き合いというところからご了承をいただくことになりました。しかも特別プラン付です。

<気になる条件と価格>
条件/修正なし ※初回ご提案したもので決定にてお願いします。
価格/20,000円

条件は、修正なし。ということ。
「細字」「太字」「くずし」から1つイメージをお選びいただきましたら、名前をお書きします。
※どれかひとつとなります。3案で1つでなく、細字をお選びいただいたならば、細字を1案となります。

そして、特別プランというのが、イメージの1案+書道家おまかせの1案

「選んでいただいたイメージで書く“書”」+「書道家おまかせ書」の合計2案をご提案します。

書道家おまかせの書は、どういったものが書かれるかは分かりません。
修正なし。というところですが、どんなものがでてくるかはワクワクです。
最終的に、2案のうち、どちらかを選んでいただきオーダーは完了となります。

あさだ屋だけの特別プラン「書道家に依頼する 名前書き」
ぜひご利用くださいませ。

書道家は誰?

「あさだ屋で依頼している書道家は誰?」。こちらにつきましては、特別価格でご提供させていただいているため、ここでは控えさせていただきますが、NHKの特集番組のタイトルを書いていらっしゃる一流の書道家様です。ちなみに女性です。
ご注文をいただいたお客様には、書を納品後、書道家様のプロフィールもご一緒にお伝えいたします。
「それでもやっぱりオリジナルで書いていただきたい」といった方もいらっしゃいます。
その場合は、直接書道家様をご紹介します。お気軽にお申し出ください。

書道で書いてもらった名前を名刺にしたい!

さて。ここからが、箔押し印刷の専門店あさだ屋の出番です。
あさだ屋、箔押し印刷の専門店。一流の書道家に書いてもらった名前ならば、印刷する紙素材や印刷方法もこだわりたい。
ということで、あさだ屋は様々な名刺の紙の種類をご用意しています。
なかでも多くお問い合わせいただくのが、和紙名刺です。

・かっこいいを追求した「手漉き 黒和紙名刺」
あさだ屋オリジナルの「黒和紙」。越前和紙の和紙職人に、かなりの無理をいい漉いていただいた和紙です。ほかではない非常に珍しい貴重な和紙名刺です。
とにかく「かっこいい」の言葉に尽きます。アーティスト・芸術家・高級飲食店の方から高い評価をいただいています。

・和紙の王様「鳥の子」
らさらとした表面に手漉き和紙特有の毛羽立つ「耳」が特長。質感・厚み等ふくめ、すべてが美しい越前和紙の王様です。完璧なまでに美しい名刺が完成します。
和紙名刺

・美しいモノトーン系の紙色が揃う「カラープラン」
質感がありそうな表面なのに、しっかりと芯のある硬さのある紙。モノトーン系の配色は今人気の名刺カラー。特にグレー色が綺麗です。
かっこいい箔押し名刺

・スタイリッシュでかっこいい名刺が完成する「ケンラン紙名刺」
芯のある雰囲気の名刺を作りたい。という方におすすめなのが、ケンラン紙。豪華絢爛のケンランです。サラサラとした表面にしっかりとした厚み。通常の名刺が170kg前後ならばケンラン紙は400kg(約1mm)。中間の厚みで310kgというものもあります。間をとって310kgでご利用いただく方も多いです。こちらすごくスタイリッシュな紙で、かっこいい名刺が完成します。
かっこいい名刺ケンラン紙

最後に

さて、少しだけ、あさだ屋についてもご紹介させていただきましたが、
名刺をご利用でなくても「書」だけオーダー!ということもご案内可能です。
私自身もそうですが、なかなか、名前だけを書で書いていただけるようなサービスってないのですよね・・・。
ぜひお困りの方、あさだ屋までお問い合わせください。

あさだ屋ホームページ 書のオーダー方法はこちら

あさだ屋ホームページはこちら
名刺の制作事例をたくさん紹介しています

MENU