絶対に忘れられない!高級感のある黒名刺&ブラック名刺の印刷方法【画像あり】

黒名刺

“絶対に忘れられない!高級感のある黒名刺&ブラック名刺の印刷方法【画像あり】

箔押し印刷あさだ屋です。近年、黒名刺の印刷ご依頼をいただくことが増えてきました。どれも共通していえることは、間違いなくかっこ良いということ。
黒名刺(ブラック名刺)というだけで、スタイリッシュさ。洗練された雰囲気。お洒落。といった印象を持つことができます。
特に、あさだ屋は箔押し印刷の専門店なので、文字などの印刷はすべて箔押し印刷。
高級感のある名刺が完成することは間違いありません。
今回は、「黒名刺」でもお洒落でセンスの良い黒名刺の作り方のコツをご紹介します。

黒の紙は、もともと黒の特殊紙を使うこと。

黒名刺を作りたいという方に、絶対妥協してほしくないことがあります。
それは、白の紙を黒に印刷することです。
「本物の黒名刺」を作りたい!ということであれば、これは必ずやめてください。
白の紙を印刷しても、側面(紙の断面)から見ると、白の紙が見えてきます。
これは非常に残念です。そして墨1色印刷独自のテカリ感がでてきます。ではどういった紙を選ぶと良いか・・・。それは黒の特殊紙を選ぶことです。
特殊紙というのは、一般的な上質紙や、マットコート紙には存在しません。名前の通り特殊紙となるので、紙の専門店でないと見られない場合が多いです。
特殊紙は、もともと色がついた紙が多く、紙の断面まで黒色になっているなど、その他にもカラーバリエーションが豊富に揃っています。紙の種類も数多く存在しており、それぞれに独特な感性があります。

お洒落な黒名刺の制作事例

あさだ屋で作成させていただいた黒名刺の制作事例を交えながら、紙の質感についてご紹介していきます。これらの名刺は、お客様から特別な許可をいただきご掲載させていただいております。ご協力をいただき誠にありがとうございます。
写真をクリックいただけましたら、さらに詳しい情報をご覧いただけます。

黒名刺
紙:黒ケンラン紙。
あさだ屋黒名刺の中でも人気の紙です。サラサラっとした表面のシンプルな黒紙。箔押しとの相性はどの紙の中でもNo.1。特にメタリック黒箔が美しく映えます。黒名刺にメタリック黒箔の組み合わせという、ハイセンスなデザインの名刺。箔押し印刷だからこそ実現できる名刺印刷です。

箔押し名刺
紙:プライクブラック
プライク紙。独特のぬめり感を持つイタリア製の紙。高級感のある印象がすごい!この紙だけで違いを感じます。今回加工させていただいたのは金箔。最高です。美しいです。この名刺をもらった大切にとっておきたくなる。そんな一枚です。
黒名刺にはそれだけのインパクトがあります。
黒名刺を作成いただくお客様はデザイナー・ライター・アーティストの方々、IT企業関連、設計事務所など、お洒落さをお持ちの方が多いように感じます。

黒名刺
紙:ケンランディープブラック400kg
ケンラン紙の中でもディープブラックという、漆黒の黒の紙。吸い込まれそうな黒名刺です。写真では白に見えますが、実際は銀箔で印刷しています。筆文字の雰囲気もかっこ良いですね!家紋をレイアウトしているところにもセンスの良さを感じさせます。

紙の種類によっても、印象は変わってくるので、ぜひ色々な紙を見比べてみてください。
→黒の紙の名刺の種類を見る
→黒名刺の制作事例をもっと見る

黒名刺への印刷方法は絶対王者の箔押し印刷。

ご紹介した黒名刺の制作事例から見るとお分かりになるように、印刷方法も重要です。まず、黒名刺には、通常のカラー印刷がのりません。白の紙になら、インクはのります。しかし黒の紙に、インクをのせても沈んでしまいます。例えば、黒の紙に白の印刷をしたい!ということであれば、白箔・つや消し銀箔・銀箔 といった選択肢があります。これらは近代的で洗練された雰囲気を演出できます。
金箔で箔押し加工すれば、ゴージャスな印象に。黒名刺に黒箔で加工すれば、お洒落な世界観を演出できます。黒紙と箔の組み合わせによって印象がガラリと変わるので、ぜひ紙と箔の組み合わせも一緒にお楽しみください。

黒名刺を持つデメリット ~必ず白名刺が欲しくなる呪縛~

ちなみにですが、黒名刺を作成された方は、黒名刺を間違いなく気に入りますが、その後で白名刺も欲しくなります。理由はひとつ。「飽きる」ということです(笑)
黒名刺は白名刺に比べて飽きやすくもあります。結果、白名刺が欲しい!という流れになります。しかし白名刺を作られた後は必ず黒名刺へと戻ってきます。
なぜなら、やはり、相手の印象が格段に違うから!黒名刺は絶対的に「かっこよい!」といった言葉を引き出す機会が圧倒的に多くなります。黒名刺を持っている本人は飽きやすくなるかもしれませんが、名刺を初めて受け取る側は、新鮮な気持ちで名刺を受け取りますので、ぜひ飽きたとしても「黒名刺」はそのままお持ちいただくことを、おすすめいたします。

MENU