高級感のある名刺ってどんな名刺

「高級感のある名刺を作りたい!」
ホームページで検索しても、イメージに近いものがない。という経験はありませんか。それもそのはず。なぜなら「高級感のある名刺」の定義が決まっていないからです。その人によって高級の価値観も変わってきます。
しかし、以下の3つを意識するだけで「高級感のある名刺」が、おおよそ完成してきます。

高級感のある名刺に必要な条件

1 紙質
一般的な名刺というと、上質紙やマットコート紙にカラー印刷されたものです。顔写真などがはいっている場合もありますよね。しかし、どれも薄めの厚みの180kg前後の紙厚です。それには理由があります。一般的な印刷機械は厚みのある紙が通りません!ペラペラの紙が多い理由はそれです。紙質をやや厚めのしっかりとした紙に変えることで印象は変わります。
白の紙でもどんな白?
紙質だけではありません。紙の種類は数百種類以上。サラサラとしている紙があれば、ややザラザラした紙、光沢のある紙など色々あります。紙の質感をどんなものにするかによって雰囲気が変わってきます。最近の傾向としては、温もりを感じるザラザラとした紙が流行っています。
白の紙にこだわる必要はありません。自分のラッキーカラーで選ぶという手もあります。一般的な紙は白紙ばかりですが、特殊紙の世界では、紙の色も豊富に揃っています。
紙の厚み+質感が大切です。

2 印刷
印刷の種類は一般的なもので、オンデマンド印刷とオフセット印刷があります。これはカラー印刷ができるもので、分かりやすくいうと「オンデマンド印刷」=データを紙に直接印刷する方法(高性能なレーザー出力)。「オフセット印刷」=版を作成し転写を利用して印刷する方法です。オフセット印刷は印刷会社がいう本当の意味での印刷です。
上記以外にも、特色印刷やUV印刷などの印刷方法があります。カラー印刷では、これらの印刷方法を使います。
そして、それ以外にも特殊印刷があります。活版印刷・箔押し印刷・バーコ印刷・・・などの特殊印刷です。ここでは「高級感のある名刺」ですので、箔押し印刷について紹介したいと思います。「箔押し印刷」はまさに「高級」を演出するのに適しています。なぜなら、キラキラと輝く金箔・銀箔を使った印刷だから。
まさにハクがつく。ということですね。昔は高級印刷として認知されていましたが、最近では、箔押し屋さんが運営するウェブサイトがあります。小ロットで安く箔押し印刷をしてくれるのも魅力です。

写真は箔押し印刷あさだ屋のGAファイル紙名刺。

3 デザイン性
デザイナーさんに依頼すれば、おおよそ希望にあったデザインが仕上がってきます。しかし上記で紹介したように、「紙質・印刷にもこだわりたい!」ということをしっかりと伝えないと、いくらデザインが良くても上質紙やマットコート紙などを使った印刷となってしまい、せっかくの高級名刺作成が台無しになることも・・・。
デザイナー様の中には、箔押し印刷を知らない方もいるかもしれませんが、作成方法などを普通のデザイン技術と何ら難しいことはないので、ぜひ伝えてみてください。デザインをしている「ものづくりを楽しむ方」は喜んで相談にのってくれることと思います!
箔押し高級名刺のデザインのコツは・・・・「凝りすぎないこと!」に尽きます。箔押し印刷であれば、シンプルなデザインであっても、かなりステキに仕上がります。もちろん箔だけに華やかなイラストを添えたりしてもOK。箔押し印刷を上手に活用することで、あっ!と驚く高級名刺が完成すること間違いなしです。

紙・印刷・デザインの3つが揃って「高級名刺」が完成します。名刺は、その人となりや、会社のイメージを表すものです。ペラペラの名刺・・・・・がその人となり。ではいけませんよね。ステキな名刺は大切に取っておきたいという人も多いハズ。印象にも残りやすく、名刺交換をする際に、名刺から話が弾むということも多くなります。=ビジネスチャンスにつながりやすい!ということになります。
忘れられない人になるためには、名刺を見直すことも大切ですね。

箔押し名刺の制作事例がたくさん紹介されています。

MENU