和紙名刺を作るなら知っておくべきこと 箔押しあさだ屋

和紙名刺の作り方

和紙名刺を作るなら知っておくべきこと

日本伝統の紙といえば「和紙」。1枚1枚手漉きで漉かれた耳付き(紙の縁が毛羽立っている)の和紙は、日本の伝統美といえるでしょう。
そんな「和紙」を使った名刺作成について今回ご紹介します。

<和紙名刺の魅力>
和紙名刺の魅力といえば、手漉きだからこそ完成する耳付き(紙の縁が毛羽立っている)名刺。これは和紙職人が障子の組板のような枠に紙を手漉きで漉いているもの。だからこそ、ひとつとして同じ紙はなく、紙の表面・厚み・耳(毛羽立ち)・形などが微妙にそれぞれ違っています。そのため一期一会の紙となっています。
最近では、海外の方にも認められており、和紙名刺は物珍しさから重宝されることも多いです。フランスで活躍するお蕎麦屋さん、セレクトショップなど、和紙を使ったショップカードを置いていることが実は非常に多いです。
和紙名刺の作り方手漉き和紙
<和紙の種類>
今回は、日本最古の技術が残る越前和紙に注目して紹介したいと思います。
越前和紙=全国で唯一紙の紙様が鎮座しているといわれているのが、福井県の越前市旧今立。日本へ紙が伝わったのが西暦610年といわれていますが、今立ではそれより昔に紙漉きの技術が伝わっているという伝説が残っています。
正倉院に保管されている最古級の文献の紙は越前和紙といわれ、古来より紙漉きの産地として認知されています。

名刺で使われる紙で王道のものは以下の3種類。
「鳥の子」「絹目」「大礼」それぞれの特徴を紹介します。

鳥の子・・・美しい白さとフラットな表面。耳付きの雰囲気はまさに和紙の王様。
和紙名刺

絹目・・・和紙の表面が繊細な絹目模様がついた、美しい和紙。
和紙名刺

大礼・・・和紙の中に、繊維が織り交ぜられたような紙。角度によって白くキラっと光るのが印象的
和紙名刺

このように和紙といっても大きな違いがあるのが特徴。
今回は越前和紙で紹介していますが、全国でもたくさん和紙の産地があります。
美濃和紙、内山紙、阿波紙、土佐和紙などです。産地によっても紙の呼び名が変わります。それぞれに魅力があるので、和紙は面白いです。

<和紙の印刷方法>
多くの方がここで悩まれることでしょう。「和紙の印刷方法」。インターネットで探してもなかなかヒットしてこないのが和紙の名刺印刷です。特に耳付きの和紙名刺となると、たいていの印刷屋さんは嫌がります。なぜなら、1枚1枚形が違うこと。厚みにムラがあるため、インクが掠れやすい。耳付き和紙だと毛羽立っているため、印刷機に詰まり紙の繊維が残りやすいため大変。といったデメリットが多いからです。
しかし、それを解決する印刷方法が、箔押し印刷/活版印刷です。デジタル印刷よりもアナログ印刷はやはり強いですね!
今回は箔押し印刷で印刷するおすすめの理由を説明します。

まず、「箔押し印刷」と「活版印刷」の違いから。箔押し印刷は=箔を熱転写で紙に印刷。活版印刷=インクを圧力で転写。の違いです。どちらも金属の版を作成、一枚一枚を印刷加工していきます。
どちらも凸版(金属の版)を使用しているため、和紙にやや深めに圧が加わることで手で押された温かみのある印象の名刺に仕上がります。
箔押し印刷は箔で印刷をしているため、インクと異なり予め箔の色が決まっています。ここで選ぶべき箔の色とは、「顔料つや消し黒箔」です。
これがマットで黒々とした書道でいう墨の色。漆黒の黒であり、とても美しい箔色です。和紙名刺には最高の箔色です。
時には、ワンポイントで、金箔などを入れるとさらに高級感が増します。
顔料黒箔
気になるのが価格。箔押し印刷と活版印刷では、現在のところ、約1.5~3倍の価格差があります。どちらが安いかというと「箔押し印刷」が圧倒的に安い!
箔押し印刷の顔料つや消し黒箔と活版印刷での仕上がりは、正直見分けが難しいのですが、どちらも凸版を使った印刷。
高級感のある和紙名刺が安く作れるのは嬉しいですね。

いろいろ考えて、和紙名刺の魅力とは・・・まとめ

一枚一枚手漉きで作られている和紙だからこそ、温もりのある一枚一枚手押しで加工する印刷方法がまさにぴったり。
昔からのこの方法で印刷されていることに納得です。
和紙名刺は手漉きのため、一枚一枚が異なる形。その形によって、印刷される位置も異なるのですが、それすらも味といったところでしょうか。
もちろん和紙の紙によって厚みのムラもあるわけですから、やや掠れてしまう。ということもあるかもしれませんが、それら全ても含めて「和紙名刺の魅力」といえます。

あさだ屋でも多くの和紙名刺を印刷していますが、お客様の中には、わざとそいういった加工をしてほしいという方もいらっしゃいます。
または強圧加工で、できる限り凹凸感をだして欲しい!など。

和紙名刺を作成する上で、是非ご参考をいただけますと幸いです。

MENU